Home » 成年後見制度について » 成年後見人の役割-財産管理

成年後見人の役割-財産管理名古屋市 | 成年後見 相続手続き・相続登記 財産管理 遺言書作成 遺言執行 | 丸田司法書士事務所

category : 成年後見制度について 2014.1.22 

成年後見人の役割-財産管理

財産管理を行うにあたって注意すべき点

●たとえ本人と成年後見人が親族関係にある場合でも、あくまで「他人の財産を預かって管理している」という意識を持って、仕事に取り組むことが大切です。

●成年後見人が本人の財産を投機的に運用することや、自らのために使用すること、親族などに贈与・貸付けをすることなどは、原則として認められていません。

●裁判所の許可なしに、本人の財産から報酬を受けることは認められていません。

●本人の財産を不適切に管理した場合、成年後見人を解任されるほか、損害賠償請求を受けるなど、民事責任を問われたり、業務上横領などの罪で刑事責任を問われたりすることもあります。

その他成年後見人が行う重要な財産管理事務

●不動産の売買や賃貸借

●不動産に対する抵当権の設定や解除

●相続に伴う遺産分割協議

 


コメントフォーム

Twitter でフォロー

Sponsored by

Copyright(c) 2014 名古屋市 | 成年後見 相続手続き・相続登記 財産管理 遺言書作成 遺言執行 | 丸田司法書士事務所 All Rights Reserved.