Home » 成年後見制度について » 家庭裁判所へ後見申立て

家庭裁判所へ後見申立て名古屋市 | 成年後見 相続手続き・相続登記 財産管理 遺言書作成 遺言執行 | 丸田司法書士事務所

category : 成年後見制度について 2014.2.8 

家庭裁判所へ後見申立て

①家庭裁判所、市町村役場、法務局などで必要な書類を取り寄せ、申立書及び照会書等に記入

②主治医の先生に診断書依頼

③必要書類の入手
□銀行の『通帳』
□『保険証書』、『有価証券』等
□証券会社発行の『取引残高報告書』
□債権・債務に関する『契約書』・『保証書』等
□収入に関する『年金額通知書』・『配当金支払明細書』・『確定申告書』・『給与明細』等
□支出に関する『病院や施設の領収書』・『市県民税・固定資産税支払請求書』・『健康保険・介護保険料通知書』・『電話・水道光熱費・NHK受信料請求書』等

④申立書の作成
・『申立書』
・『親族関係図』
・『本人に関する照会書』
・『財産目録』
・『本人予算収支表』
・『候補者に関する照会書』

⑤家庭裁判所にて申立

受理面接の日時を予約し、申立書を事前に送付する(名古屋家庭裁判の場合)。

 

 


コメントフォーム

Twitter でフォロー

Sponsored by

Copyright(c) 2014 名古屋市 | 成年後見 相続手続き・相続登記 財産管理 遺言書作成 遺言執行 | 丸田司法書士事務所 All Rights Reserved.